幸せなお花詩

【花を、知れば…】

その後、ラナンキュラスは
まるでシルクで作った
儚い布花のようになり
「もう少し側にいるわ。」と
私に、呟いた。

花を飾れば、
人生は、温かい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP